ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市民に開かれた議会を目指して

市民に開かれた議会を目指して

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月10日更新
地域住民10人が参加

地域住民10人が参加
平成28年3月議会の審議内容の報告がされた
市民からの質問に丁寧に答える

 5月10日(火曜日)、日置農村環境改善センターで長門市議会報告会が開催されました。

 長門市議会報告会は「市民に開かれた議会」「市民のために行動する議会」「市民から信頼される議会」の実現に向け、平成26年度から開催されており、今回が4回目の開催となります。

 報告会では岡崎議長が「活発で有意義な意見交換をしたい」とあいさつ。報告事項として平成28年度3月定例会で審議した当初予算等の議案について説明がなされ、その後、地域の諸課題や行政運営、議会についての意見交換が行われました。参加した市民からはバス路線の廃止についてや公共インフラの管理、子どもの教育環境の充実などの質問が出され、議員から説明を受けていました。

 長門市議会報告会は5日間の日程で開催され、今後の日程は次の通りです。

 5月12日(木曜日)向津具公民館
 5月14日(土曜日)物産観光センター
 5月17日(火曜日)宗頭文化センター
 5月19日(木曜日)大畑ほたるの里(旧渋木児童館)
 ※時間はいずれも19時〜20時30分