ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山温泉祭り

俵山温泉祭り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月24日更新
俵山小学校児童による子ども歌舞伎「白浪五人男」

俵山小学校児童による子ども歌舞伎「白浪五人男」
花や野菜などが販売された「ふるさと市場」
田舎暮らしの宿「ゆうゆう」では手打ちそばの実演販売が行われた
無料開放された「町の湯」
チンドン隊が温泉街を練り歩く

 4月23日(土曜日)、24日(日曜日)の2日間、俵山温泉街で「平成28年俵山温泉祭り」が開催されました。

 俵山幼児園のパレードで始まった祭りでは、湯町区民館で俵山小学校児童による子ども歌舞伎「白浪五人男」が上演されたほか、チンドン隊が温泉街を練り歩いて祭りを盛り上げました。23日は昼前から雨が降り出し、午後に俵山小学校のパレードは行われたものの、この日の最後に予定されていた子どもみこしは中止となりました。

 温泉街にある駐車場では、「ふるさと市場」として野菜や花などが販売され、田舎暮らしの宿「ゆうゆう」ではそば打ちの実演・販売が行われました。23日は「町の湯」の無料開放、「白猿の湯」の入浴料割引が実施され、温泉に足を運ぶ人も多く見られました。

 翌24日には、よさこいやソーラン太鼓、もちまきやくじ引きなどが行われ、多くの人でにぎわったとのことです。