ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 被災地へ市職員派遣

被災地へ市職員派遣

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月22日更新
大西市長より激励

大西市長より激励
熊本県益城町へ派遣される濱谷係長(写真左)と河村主任(写真右)
派遣期間は4月25日(月曜日)から28日(木曜日)までの4日間

 熊本地震被災地支援のため、山口県から派遣されるチームの一員として、長門市の技術職員2名が派遣されることとなり、4月22日(金曜日)、市長から派遣職員への激励式が行われました。

 このたび、派遣されることとなった職員は都市建設課 都市整備係の濱谷浩司係長と都市建設課 土木係の河村直哉主任の2名で、4月25日(月曜日)から28日(木曜日)までの4日間、熊本県益城町で被災宅地の危険度調査を行います。

 激励式では大西市長から「被災宅地の危険度調査という重要な役割だが、4日間という限られた時間、職員の代表として十二分に活動していただきたい」と激励の言葉を贈りました。派遣される職員を代表して濱谷係長が「宅地の危険度調査という初めての業務を担当しますが、役に立てるようがんばりたい」と意気込みを語りました。