ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 緊急消防援助隊を熊本県へ派遣

緊急消防援助隊を熊本県へ派遣

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月19日更新
第一次隊として4月16日に被災地へ出発

第一次隊として4月16日に被災地へ出発
第二次隊として職員10名を派遣
消火隊・救急隊・後方支援隊として消防車両と職員が被災地へ向かう

 長門市消防本部では、国からの要請により県内12消防局・本部で構成する「緊急消防援助隊山口県隊」の一員として、4月16日(土曜日)に第一次隊(消火隊・救急隊・後方支援隊として消防車両3台と消防職員10名)を被災地へ向け派遣しました。

 4月19日(火曜日)には、第二次隊として職員10名を派遣しました。第二次隊は第一次隊と交替し、引き続き、南阿蘇地区で孤立した住民の救助や救急活動などを行っています。

 現地では、断続的に余震が発生し2次災害の恐れもある中、懸命な活動を行っています。