ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 元乃隅稲成神社が切手に

元乃隅稲成神社が切手に

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月18日更新
4月18日(月曜日)から1,000シート販売

4月18日(月曜日)から1,000シート販売
このたび販売開始となったフレーム切手
元乃隅稲成神社の写真を題材とした切手が10枚ついています
末武局長から大西市長へ切手の贈呈
各種メディアで紹介され、多くの人が訪れている元乃隅稲成神社

 4月18日(月曜日)、長門市油谷津黄にある元乃隅稲成神社を題材としたフレーム切手が販売されること記念して、フレーム切手の贈呈式が長門市役所で行われました。贈呈式では、長北地区連絡会地区統括局長の末武晃局長から大西市長にフレーム切手が手渡され、大西市長より「元乃隅稲成神社が切手として全国に発信されることにワクワクしている。多くの観光客が来られるのではと期待しています」とお礼を述べました。

 このフレーム切手は、元乃隅稲成神社がアメリカのニュース専門放送局・CNNが平成27年3月30日にウェブ上で発表した「Japan’s 31 most beautiful places “日本の最も美しい場所31選”」に選ばれ、現在、国内はもとより海外からも多くの観光客を迎えていることから、訪れた人へのお土産物はないかと地域住民から宇津賀郵便局に相談されたことがきっかけで作られました。

 フレーム切手は4月18日(月曜日)から長門市、萩市、美祢市、阿武町の全郵便局および山口市の一部の郵便局の計65局で取り扱われ、販売部数は1,000シート、販売価格は1シート1,000円で販売されています。。