ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 産前産後の相談支援を

産前産後の相談支援を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新
長門市保健センター内に「産前産後サポートステーション」が開設

長門市保健センター内に「産前産後サポートステーション」が開設
「今後も子育て世帯に選ばれるまちづくりを」と大西市長

 4月1日(金曜日)、長門市保健センター内に、妊娠・出産・子育ての悩みや不安に対応する総合相談窓口「長門市産前産後サポートステーション」が開設されました。

 このステーションは、相談専用電話を設置するとともに、助産師を配置し、妊娠・出産・子育てへの不安を抱える妊産婦やその家族へ切れ目ない相談支援を行うことで、安心して子どもを産み育てられるサポート体制を構築しようと設置されたものです。

 開設に当たり、大西市長は「長門市では、これまでも医療費の助成や休日保育の充実などさまざまな子育て支援を行ってきました。そして今日、妊娠・出産・子育てと一貫して相談に対応できる体制ができ、今後も子育て世帯に選ばれるまちを目指して、取組を進めていきたいと思います」と話しました。

 同ステーションでは今後、マタニティケア事業やケアヘルパー派遣事業、育児相談や離乳食教室などの各種サービスを実施します。受付時間は、祝日・年末年始を除く月曜日から金曜日まで、8時30分~17時15分となっています。