ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日露首脳会談が長門市で開催

日露首脳会談が長門市で開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月15日更新
16日、プーチン大統領をお見送りする大西市長

16日、プーチン大統領をお見送りする大西市長
報道陣の集まるメディアセンターで市や県の特産品をPR
長門市の名物やきとりも提供された
ロシアから訪れた報道関係者も日本の特産品に興味を示した
ロシアのテレビ局に取材を受ける職員

 12月15日(木曜日)、世界中が長門市に注目する中、日露首脳会談が長門湯本温泉で行われました。

 当日はプーチン大統領の到着が2時間以上遅れ、歓迎のために集まった約300人の市民は悪天候の中で待機することに。18時5分、プーチン大統領が乗った車両が到着すると、待っていた市民は両国の国旗を振って温かく歓迎しました。その後、会談の会場となった大谷山荘で、静かでゆっくりとした雰囲気の中、首脳会談が行われました。

 また、報道陣が集まるメディアセンターでは、市や県の特産品を紹介するPRブースが設けられ、鶏卵せんべいやチーズころん、ゆずきちのジュース、ワッフル、百姓の塩コーヒー、やきとりドッグ、ロシアパンなどが並べられ、取材に訪れた報道陣に試食や試飲として提供されました。ロシアから訪れた報道陣も説明を聞きながら試食をし、日本の特産品を味わっていました。

 翌日には安倍昭恵内閣総理大臣夫人と大西市長らが、プーチン大統領をお見送りし、長門市での日露首脳会談を終えました。