ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 政治や選挙への理解を深める

政治や選挙への理解を深める

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新
市選挙管理委員会の伊達委員長があいさつ

市選挙管理委員会の伊達委員長があいさつ
選挙の重要性や制度の説明を聞く生徒ら
感想を書いたアンケート用紙を投票箱に投函し、投票を体験

 11月30日(水曜日)、長門高等学校で「選挙出前講座」が開催されました。

 これは選挙権年齢が18歳に引き下げられたことにより、新たに有権者になる学生に対して選挙に関する講座を開き、政治や選挙に対する興味・関心を高め、理解を深めてもらおうと市選挙管理委員会が開催したものです。この日は長門高等学校3年生約80人が受講しました。

 長門市選挙管理委員会の伊達委員長のあいさつの後、「選挙に行こう!選挙の主役はあなたたちです!」と題して、長門市選挙管理委員会事務局の職員が選挙とは何か、選挙の重要性についてや制度、投票の方法などスライドを用いて説明しました。

 講座を終えて、生徒たちは感想を書いたアンケート用紙を、実際の投票箱に投函するなど投票を体験し、新有権者としての実感が持てる時間となったようです。

 長門市では、来年4月16日(日曜日)に長門市議会議員一般選挙も控えており、投票に対する意識も高まりそうです。