ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 8回目の全国大会へ

8回目の全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月2日更新
大西市長を挟んで記念撮影

大西市長を挟んで記念撮影
「普段の鍛錬の成果をしっかり発揮して」と激励する大西市長
選手と一人ひとり握手
予選を突破してベスト16を目指す

東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われる、2016全日本綱引選手権大会に出場する俵山TCへの全国大会激励会が3月2日(水曜日)市長室で行われました。
出場する選手に大西市長は、「今回の出場は日頃の鍛錬の結果だと思います。ベスト16、8と言わず、ぜひその上を目指してがんばってください」と激励しました。
俵山TCは昨年11月29日に山口市で行われた県大会で優勝し、8年連続8回目の出場で、平成24年にはベスト16に進出しています。
今回もまずは予選を突破しベスト16を目指す、と話していました。


出場する選手は、次のとおりです。
監督 河地茂一
トレーナー 伊藤隆夫
選手 福本道晴
選手 本田勝規
選手 増野 亨
選手 梅田信司
選手 増野敏之
選手 坂田美継
選手 三浦浩一
選手 加藤広嗣
選手 坂辻 満
選手 中三川竜二