ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > b列車で楽しむ

b列車で楽しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月23日更新
ラージくんのヘッドマークのついた車両

ラージくんのヘッドマークのついた車両
参加者は81人
下関駅までは約2時間
ラージくんのヘッドマーク
 長門市と下関市では、jr山陰本線利用促進事業として長門市~下関駅間のイベント列車を企画しており、今年も「b(ビール)列車」として運行しています。今回、11月23日(月)に長門市駅発着で催され、81人が参加しました。  列車には両市のクジラシンボルマークである「ラージくん」が描かれた専用のヘッドマークが取り付けられ、この日下関市で行われる下関さかな祭、ja下関農業まつり、リトル釜山フェスタなどのイベントに向け9時すぎに長門市駅を出発しました。  乗客たちは下関市でのイベントを満喫したあと、復路では夕日を楽しむこととなっていましたが、あいにくの天候で夕日が見えませんでした。しかし、車中ではビールやマッコリ、日本酒、ソフトドリンクなどが提供され、また、長門市の名産品であるかまぼこや鶏卵せんべい、水産加工品などが当たるお楽しみ抽選も行われ盛り上がるなど、大変にぎやかに楽しく列車の旅を満喫したということです。