ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > キャンプ地招致をアピール

キャンプ地招致をアピール

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月21日更新
キャンプ地招致を訴える大西市長

キャンプ地招致を訴える大西市長
人気を反映し、約5,000人が来場
迫力あるプレーが展開
ソルジェンティによるラグビー応援歌
キヤノンイーグルスとnttドコモレッドハリケーンズの試合
 ラグビーワールドカップ2015イングランド大会での日本チームの活躍で盛り上がる、日本ラグビーのトップリーグの試合が山口市の維新百年記念公園陸上競技場で行われ、2019年に行われる日本大会での長門市でのキャンプ地招致の取組を大西市長がアピールしました。  試合はリコーブラックラムズ対hondaheat、キヤノンイーグルス対nttドコモレッドハリケーンズの2試合が行われました。会場には、約5,000人の観客を動員し、迫力あるタックルや華麗なステップでディフェンスをかわすプレーに歓声が上がりました。  第一試合終了後、あいさつにたった大西市長は、「長門市はラグビーワールドカップ2019日本大会のキャンプ地を招致しています。ぜひ皆さんの温かいご支援をよろしくお願いします」と来場者に応援を呼びかけました。 ; color: #141824color: #000000 また、山口ふるさと大使に任命されている山口県出身の兄弟デュオ『sorgenti(ソルジェンティ)』が作詞・作曲した「ラグビー応援歌」cdが披露され、会場を盛り上げました。 min-height: 24px; ; color: #141824 ; color: #141824 なお、試合の結果は次の通りです。 リコーブラックラムズ 18対24 hondaheat キヤノンイーグルス  34対17 nttドコモレッドハリケーンズ