ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ねんりんピックの写真展

ねんりんピックの写真展

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月10日更新
作品と撮影した松岡さん

作品と撮影した松岡さん
選手の生き生きとした姿が捉えられる
全部で44枚の写真が展示
取材を受ける松岡さん
25日まで展示されます
 10月18日~19日にかけて、俵山スパスタジアムで開催された「ねんりんピックおいでませ!山口2015」のラグビーフットボール交流大会の写真展が、長門市立図書館で開催されています。  撮影したのは、県ラグビーフットボール協会の記録員で山口市在住の松岡征人さんです。山口県チームや元全日本ラグビー選手の親睦チーム「桜とシダの会」、地元ラグビーチーム「長門ノーサイド」の選手のプレーのようすを中心に、44枚の写真が展示されています。松岡さんは、「撮影しながら、選手から元気をいただきました。普段は高校生のプレーを撮影していますが、高校生と変わらないほどの動きを見せてもらいました。大阪の最高齢の人がグラウンドに立ったときには感動しました。自分もこれからもがんばって撮影していかないといけないと思いました」と話しました。  この写真展は、11月25日まで(月曜日は休館)、開館時間は9時30分~18時(土・日曜日は17時)となっています。