ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 3市の保育園児が交流

3市の保育園児が交流

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月31日更新
各市や保育園の紹介を行う園児

各市や保育園の紹介を行う園児
美祢市、山陽小野田市からの参加者はjr美祢線に乗車して長門市へ
ルネッサながとでは、みのり保育園と日置保育園の園児が出迎える
親子でレクリエーションを楽しむ参加者
「じゃんけん列車」で盛り上がる
 10月31日(土)、ルネッサながとで、長門市・美祢市・山陽小野田市の保育園児交流会が開催されました。 今回が5回目となるこの交流会は、豪雨災害により一時不通となり、平成23年9月26日に再び開通したjr美祢線の利用促進を目的に毎年開催されているもので、沿線にある3市の保育園から、園児、保護者など約200人が参加しました。 長門市駅に到着した美祢市、山陽小野田市の園児は、ルネッサながとでみのり保育園・日置保育園の園児に出迎えられました。はじめに参加者は、順に各市や保育園の紹介、ダンスの披露などを行い、続いて長門市レクリエーション協会設立準備会による「親子でレクリエーション」を楽しみました。 昼食休憩をはさみ、午後からは長門市総合公園での自由遊びとなり、参加者は保育園の垣根を越えて交流を深めました。