ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 兎渡谷神楽舞を奉納

兎渡谷神楽舞を奉納

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月12日更新
歴史ある神楽舞

歴史ある神楽舞
兎渡谷では公会堂で奉納
地域の住民で伝統を守る
今年は13の舞を奉納
奉納は深夜まで続いた
 元亀3(1572)年ごろ、すでにこの地で奉納されていたと言われる兎渡谷神楽舞が10月12日(月)、兎渡谷公会堂で行われました。  11月2日に三隅横幡社で奉納される滝坂神楽舞と並ぶ兎渡谷神楽舞は、それより半月ほど早く行われます。また、三隅八幡宮の秋季例大祭においても滝坂神楽舞と隔年で交代しながら奉納されています。  兎渡谷神楽舞は今年は24の舞のうち13を実施、この日も「足馴らし」から順に奉納されました。