ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 婦人レクリエーション大会

婦人レクリエーション大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月15日更新
油谷婦人会の田村優江さんが選手宣誓

油谷婦人会の田村優江さんが選手宣誓
準備体操はタオルを使ったストレッチ
ペアでデカパンをはいて走る「運命の出会い」
玉をほうきで掃きながら走る「おそうじしましょ」
玉入れを楽しむ参加者
 10月15日(木)、ながと総合体育館で、長門市婦人レクリエーション大会が開催されました。 毎年開催されているこの大会は、女性の健康保持と増進、婦人会組織の強化を図ることを目的に長門市連合婦人会が主催したもので、仙崎、俵山、油谷の婦人会から約100人が参加しました。 開会式では、斎木洋子大会会長が「今日は家庭のことを忘れて楽しんでください」とあいさつし、油谷婦人会の田村優江さんが選手宣誓を行いました。続いて、全員でタオルを使ったストレッチを行い、体をほぐしました。 全部で10種目ある競技は、スタート後に拾うカードでペアを探し、一緒にデカパンをはいて走る「運命の出会い」、ちりとりとほうきを手に、玉を掃きながら走る「おそうじしましょ」などユニークなものが多く、参加者は笑顔で汗を流していました。