ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすみ燃ゆふるさとまつり

みすみ燃ゆふるさとまつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月11日更新
オープニングを飾った三隅保育園と宗頭幼稚園の園児によるパレード

オープニングを飾った三隅保育園と宗頭幼稚園の園児によるパレード
会場では市内を中心に約30団体がバザーを行う
あゆのつかみ取り大会は子どもたちでにぎわう
柔軟性を競う「燃ゆるリンボー」
もちまきには多くの来場者が参加
 10月11日(日)、三隅公民館前駐車場を会場に、「みすみ燃ゆ ふるさとまつり2015」が開催されました。 三隅保育園と宗頭幼稚園の園児によるパレードがオープニングを飾り、午前中、ステージでは明倫小学校マーチングバンド、三隅中学校吹奏楽部、チームフラokd、三隅清風太鼓による演奏やパフォーマンスが行われました。 長州青組によるよさこいの披露、30秒で積み上げるかまぼこ板の数を競う「かまぼこイタワー選手権」をはさみ、午後からはリンボーダンスで柔軟性を競う「燃ゆるリンボー」、豪華賞品をかけた「じゃんけん選手権」や恒例の「みすみ☆夢☆抽選会」が行われ、フィナーレではもちまきに多くの来場者が参加しました。 会場では、市内を中心に約30団体がバザーを行い、来場者はやきとりや揚げ物など多くのメニューを味わっていました。あゆのつかみ取り大会、ペンダント作りやストラックアウトといった体験型のブースは、多くの子どもたちでにぎわいました。 この日は、ボランティアスタッフとして三隅中学校の生徒約70人も参加し、さまざまなブースの運営補助や、会場案内などを務めていました。