ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 卓球で全国大会へ

卓球で全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月7日更新
卓球で全国大会に出場する大谷和弘さん(左)と無量谷久司さん(右)

卓球で全国大会に出場する大谷和弘さん(左)と無量谷久司さん(右)
選手を激励する大西市長
選手にtシャツが手渡される
普段の練習や経歴などについて話す
 10月7日(水)、市長室で、全国大会出場者の激励会が行われました。 この日市長室を訪れたのは、山口県内の選手が集う卓球クラブ「team☆zero-1」に所属する無量谷久司さんと大谷和弘さんです。 無量谷さんは、10月23日(金)~25日(日)にキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開催される全日本卓球選手権大会(男子フォーティの部)に、大谷さんは、10月10日(土)~12日(月)にいしかわ総合スポーツセンターで開催される全日本社会人卓球選手権大会(男子シングルスの部)に出場します。 激励会では、大西市長が「2人は先日のかまぼこ板っ球大会をはじめ、子どもたちへの指導など、卓球の振興にも取り組んでいると聞きます。これまで積み重ねてきた練習の成果を発揮して、がんばってください」と選手を激励しました。 無量谷さんは「支えてくれる周りの人の期待に応えられるように、まずは予選通過が目標です」と、大谷さんは「1回戦突破を目標にがんばります」と意気込みを話しました。