ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 福祥苑でふれあいひろば

福祥苑でふれあいひろば

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月3日更新
長門ストリートダンス愛好会によるキッズダンス

長門ストリートダンス愛好会によるキッズダンス
あいさつする福永理事長
向陽小マーチングバンドの演奏
清風太鼓に合わせて手を叩く来場者も
列ができるほどの活況を呈したバザー
 地域との交流を目的に今年で27回目を迎える「ふれあいひろば」が10月3日(土)、主催する障害者福祉施設「福祥苑」グラウンドで行われました。このイベントは、同苑と長門福祉作業センターが主催し毎年この時期に行われているもので、会場にはやきとりややきそば、カレーライス、うどんのバザーやスピードくじのテントが設けられ、地域の住民や隣接する高齢者施設の入所者など多くの人でにぎわいました。  施設を運営する社会福祉法人福祥会の福永幸子理事長が、「地域のみなさんには常々お世話になっています。今日は1日、交流を楽しんでください」とあいさつしました。  オープニングを飾ったのは向陽小学校のマーチングバンドで、三隅清風太鼓、長門ストリートダンス愛好会によるダンスもステージで行われ、まつりを盛り上げました。また、豪華景品が当たるじゃんけん大会やカラオケ大会、くじ引きも行われ、来場者と施設利用者との交流も深まったようです。