ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 100歳到達者をお祝い

100歳到達者をお祝い

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月21日更新
油谷後畑の吉永安子さんに、大西市長からお祝い状が手渡される

油谷後畑の吉永安子さんに、大西市長からお祝い状が手渡される
長生きの秘訣は「よく働き、よく食べて、よく寝ること」と話した吉永さん
親族に囲まれながら、趣味や普段の生活について話す
吉永さんの作った布ぞうりが大西市長にプレゼントされた
 9月21日(月)、敬老の日を迎えるにあたり、平成27年度100歳到達者に対する慶祝訪問が行われました。  このうち、油谷後畑の吉永安子さんを大西市長が訪問し、お祝い状と花束を手渡しました。吉永さんは80歳頃まで約60年間農業に携わり、現在は折り紙やパズル、布ぞうりの制作や演歌を楽しみながら生活しています。  長生きの秘訣は「よく働き、よく食べて、よく寝ること」と話し、アジやイカをはじめ、刺身を好んで食べています。これまで大きな病気にかかることもなく、月に1回は子どもや孫と会って元気にお話を楽しんでいるそうで、大西市長から「多くの趣味を楽しんで、いつまでも元気でいてください」と声をかけられると、吉永さんは笑顔で「ありがとうございます」と答えました。  なお、100歳到達者は、市内では13人が対象となり、大西市長または市の市民福祉部長が順次訪問を行い、長寿をお祝いするとのことです。