ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 美容技術を競う全国大会へ

美容技術を競う全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月14日更新
全日本選手権大会に出場する重廣さん(左)と大西市長

全日本選手権大会に出場する重廣さん(左)と大西市長
市長の激励に応える
激励会のようす
大西市長の質問に答える
 全国から選ばれた美容技術者が日頃の美容技術の研さんの成果を競う全日本美容技術選手権大会に、山口県代表として出場する重廣恵美さんの激励会が9月14日(月)、市長室で行われました。  重廣さんは市内の美容院に勤務。山口県美容技術コンクールのストリートカットの部で出場10人中で優勝し、北海道で開催される全国大会への切符を手に入れました。  大西市長は、「素晴らしい成績を挙げられることを祈っています。せっかくの全国大会出場ですので、ぜひ全国の美容の技術を学んできてください。体調にも気をつけて、大会での健闘をお祈りします」と激励しました。  重廣さんは、「練習どおりの成果を出せるようにがんばります」と話しました。  ストリートカットの部は、モデルを使い、カット、服装、メイクなどをモデルにあったイメージに40分で仕上げます。重廣さんは美容院の営業後や休日にも職場に出て、店長からの指導のもと練習に励んできました。これまで2回は全国大会の出場を逃してきましたが、3回目の挑戦で全国大会出場を実現しました。  全日本選手権大会は、10月20日、北海道で開催されます。