ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日置婦人防火クラブを激励

日置婦人防火クラブを激励

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月11日更新
練習のようす

練習のようす
激励する大西市長
出場する日置婦人防火クラブ
何度も練習を繰り返す
大西市長や消防幹部も挑戦
 9月19日に山口県消防学校で行われる山口県女性操法大会に出場予定の日置婦人防火クラブのメンバーへの激励会が9月11日(金)、日置農村環境改善センター駐車場で行われました。  まず出場メンバーによる水バケツ応急操法が披露され、大西市長は「今年は昨年のメンバーも残っているので、よい成績を期待しています。大会まで、けがのないようにしっかり練習され、その成果を十分に発揮してください」と激励しました。  その後、昨年は出場チームに敗れた市長や消防署幹部職員のチームが再び水バケツ応急操法に挑戦。今年は40秒台の記録を出し、雪辱を果たしました。出場するメンバーは、これに奮起し、練習に励んでいました。 min-height: 24px;