ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅地区で地域おこしを

三隅地区で地域おこしを

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月18日更新
新たに地域おこし協力隊員として三隅地区に配置された津田祐介さん

新たに地域おこし協力隊員として三隅地区に配置された津田祐介さん
委嘱状が交付される
大西市長は「三隅にとっても津田さん自身にとっても良い3年間に」と話した
これまでの経歴や今後の活動について話を交わす
 8月18日(火)、市長室で、長門市地域おこし協力隊員の委嘱状交付式が行われました。 この日隊員として委嘱を受けたのは、新たに三隅地区に配置された津田祐介さんです。市では、平成25年度から都市地域の住民を「地域おこし協力隊」として受け入れており、一昨年の「俵山地区」、昨年の「大日比・大泊・青海地区」および「通地区」、今年の「向津具地区」に続き5人目の隊員となります。 津田さんは萩市出身で、先月まで建設関係の会社に勤務し、現場監督員として九州や東京、海外などで働いていましたが、地元地域で社会貢献のできる仕事を探しており、このたび地域おこし協力隊員に応募したとのことです。雇用期間は8月18日から最長3年間で、農事組合法人アグリ中央による支援を受けながら、地域の特徴を生かした加工品の開発や、交流・定住促進に関する活動などを行います。 委嘱状を手渡した大西市長は「三隅地区はコミュニティ活動や社会教育が盛んな地域です。これまでの経験と知見を生かして、三隅にとっても津田さん自身にとっても良かったと思える3年間にしてください」と話しました。 委嘱状を受け取った津田さんは「三隅は画家・香月泰男にゆかりのある地域であり、まずは古民家の調査や改修からはじめて、いつかはそれらをアトリエとして活用し、まち全体を美術館にする『アートビレッジ構想』などを持って活動に取り組みたいです」と意気込みを語りました。 なお、市では9月1日に、6人目となる隊員を向津具地区に配置する予定です。