ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 山陰道の早期完成を

山陰道の早期完成を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月8日更新
大会のようす

大会のようす
全部で約600人が参加
ガンバロウ三唱で大会を閉じる
あいさつする大西市長
来賓の村岡県知事
 地域住民の安心・安全の確保と地域の振興・発展のため、山陰道長門・下関間の早期完成を訴える山陰道「長門・下関間」建設促進総決起大会が8月8日(土)、ルネッサながとで行われ、村岡嗣政山口県知事を始め地元国会議員や関係者、長門市・下関市の住民ら合わせて約600人が参加しました。  主催は、山口県山陰自動車道長門・下関建設促進期成同盟会(会長:大西倉雄長門市長、副会長:中尾友昭下関市長)で、あいさつに立った大西市長は、「山口県北西部の長門市、下関市にとっては悲願の道です。道路は活力を生み出す社会資本。物流の活性化や交流人口の増加につながるよう、1日も早い計画の実現に向けて盛り上がっていきましょう」と述べました。  来賓として出席した村岡県知事は、「豊富な地域資源を持つ長門市にとっては、円滑な物流、交流人口の増加は重要であり、その意味でも山陰道の整備は急務だと考えています。活力みなぎる山口県にとって、山陰道は必要不可欠です」と話しました。  現在、山陰道長門・下関間については、長門俵山間(約5.5km)が現在工事中、三隅長門間(約8km)と俵山豊田間(約13km)が優先整備区間に選ばれています。  長門市と下関市の市民による意見発表や、早期完成を目指す決議を行い、大会を閉じました。また、大会終了後には、国土交通省中国地方整備局の佐々木政彦道路部長による記念講演も行われました。