ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 気軽にアートに触れる体験を

気軽にアートに触れる体験を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月8日更新
いろいろな素材を使う

いろいろな素材を使う
指導した岡嶋氏
お母さんに手伝ってもらいながら
ワークショップのようす
カラフルな時計ができあがる
 長門市の若手の作家展としてルネッサながとで開催されている「hopeii~長門市若手アーティスト展」にあわせ、作家による子ども向けワークショップが開催されました。  8月8日(土)には、現代アート作家の岡嶋晶子氏による「生まれた時間を指した時計制作ワークショップ」が行われ、親子15組30人が参加しました。岡嶋さんは長門市出身で、絵画・現代アートに取り組んでおり、広島県の尾道市立美術館の仕事をしています。  岡嶋さんは、「表現する喜びを伝えたいと思います。今日は生まれた時間を示す時計をみんなで作りましょう」とあいさつ、参加者は岡嶋氏の指導の下、厚紙、フェルトシール、モール、クレヨンなどを使って、自分の生まれた時間を示す時計を作りました。  参加者はいろいろな色の素材を使って、思い思いの形や文字に切り抜き、時折保護者に手伝ってもらいながら完成させました。  この日は漫画家の岡藤いさのぶ氏による漫画制作ワークショップも行われ、参加者は漫画制作の基本作業を学びました。