ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 卓球の全国大会へ

卓球の全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月16日更新
大西市長と記念撮影

大西市長と記念撮影
内山くんに激励する大西市長
激励費と特製tシャツを受け取る
コーチやお母さん、おじいちゃんと一緒に練習のようすなどを話す
 全農杯平成27年度全日本卓球選手権大会に出場する選手の激励会が7月16日(木)、市長室で行われました。出場するのは、深川小学2年生の内山晃伸くんで、7月24日から26日まで神戸市で行われる同大会のバンビの部に参加します。  内山くんは、5月に行われた山口県予選で3位の成績を挙げ、出場を決めました。卓球を始めてまだ8ヵ月ですが、指導している岡田コーチによると、1つ上のお姉さんの球拾いをしていたが、卓球に興味を持ち、めきめきと上達、現在は週5日練習しているとのことです。  大西市長は激励費を手渡し、「練習をしっかりした成果だと思います。立派な成績で帰ってくることを期待しています。内山くんにとって最高の思い出になるようにがんばってください」と励ますと、内山くんは大きな声で「はい!」と返事をしました。  バンビの部は小学2年生までの部で、一般のものよりも低い卓球台を使用します。内山くんは、少し緊張した顔で市長の激励を受けていました。