ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 只の浜海水浴場で海開き

只の浜海水浴場で海開き

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月3日更新
御所原大神宮の上田富夫宮司によって神事が営まれる

御所原大神宮の上田富夫宮司によって神事が営まれる
祝詞の奏上
玉ぐしを捧げる大西市長
出席者は順に玉ぐしを捧げ、海の安全を祈願する
主催した長門市深川地区観光振興会の岩?昭夫会長があいさつ
 7月3日(金)、只の浜海水浴場で、海開きの神事が行われました。 これは、毎年7月の第1金曜日に行われているもので、大西市長をはじめ警察や消防関係者など11人が出席しました。神事は、御所原大神宮の上田富夫宮司によって営まれ、出席者は玉ぐしを捧げて海の安全を祈願しました。 神事が終わると、主催した長門市深川地区観光振興会の岩?昭夫会長が「今年も海の事故が起こらないことを願うばかりです。また、海岸の維持管理には、境川自治会の協力もいただいています。今後もよろしくお願いします」とあいさつしました。 只の浜海水浴場は、波が穏やかな遠浅の海水浴場で、毎年海水浴シーズンには市内外からの多くの海水浴客でにぎわいます。昨年度は約7,000人が訪れました。 なお、今月8日(水)には、二位ノ浜海水浴場で海開きが行われます。