ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉課 > 障害者福祉_障害者手帳

障害者福祉_障害者手帳

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

身体障害者手帳

身体障害者の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには、『身体障害者手帳』が必要です。
身体障害者手帳は申請に基づいて、身体に永続する障害(定められたて程度以上)がある方に県知事から交付されます。

申請に必要なもの

  • 申請書、指定医師の診断書(用紙は各相談窓口にあります)
  • 写真2枚(縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

療育手帳

知的障害者の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには、『療育手帳』が必要です。
療育手帳は申請に基づいて、知的障害者に対して、県知事から交付されます。

申請に必要なもの

  • 児童相談所の判定(18歳未満の方)
  • 知的障害者更生相談所の判定(18歳以上の方)
  • 申請書
  • 写真1枚(縦4cm×横3cm)
  • 印鑑 

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには、『精神障害者保健福祉手帳』が必要です。
精神障害者保健福祉手帳は申請に基づいて、精神障害者に対して、県知事から交付されます。

申請に必要なもの

  • 申請書(用紙は各相談窓口にあります)
  • 医師の診断書または年金証書の写し
  • 写真1枚(縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

 

 

手帳をもっている方へ

このようなときは、必ず手続きをしましょう。

  • 障害がなくなったとき
  • 障害の程度が変わったり、新しく別の障害が発生したとき
  • 住所、氏名が変わったとき
  • 保護者が変わったとき
  • 障害者本人が死亡したとき