ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉課 > 障害者福祉_交通・移動の援助

障害者福祉_交通・移動の援助

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

JR旅客運賃の割引

身体障害者手帳または療育手帳をお持ちの方は、手帳に記載されている種の区分(第1種または第2種)に応じて、次に定める範囲で運賃が割引になります。
身体障害者手帳または療育手帳を提示して割引乗車券を購入してください。精神障害者保健福祉手帳は割引の対象にはなりません。

区分条件割引範囲割引率
第1種介護者とともに乗車する場合本人及び介護者1名の普通乗車券、定期乗車券、回数券、普通急行券50%
単独に乗車する場合片道100kmを超えるときの普通乗車券50%
第2種単独に乗車する場合片道100kmを超えるときの普通乗車券50%

※療育手帳は、A=第1種 B=第2種となります
※グリーン料金、特急料金は割引されません
※12歳未満の障害児は、小児運賃の50%引きです。ただし、小児定期乗車券は割引されません

航空旅客運賃の割引

 身体障害者手帳または療育手帳をお持ちの方は、手帳に記載されている種の区分(第1種または第2種)に応じて、次に定める範囲で運賃が割引になります。
身体障害者手帳または療育手帳を提示して航空券を購入してください。割引の対象となるのは、本人、介護人が満12歳以上で、下記に該当する場合です。精神障害者保健福祉手帳は割引の対象にはなりません。

区分条件割引範囲割引率
第1種介護者とともに乗車する場合本人及び介護者1名の普通大人片道運賃(同一搭乗区間を同時購入)25%
単独に乗車する場合普通大人片道運賃25%
第2種単独に乗車する場合普通大人片道運賃25%

バス運賃の割引

路線バスの場合

料金を支払う際に身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示してください。

乗車券、定期乗車券を購入する場合

発売窓口で身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示してください。

割引内容

  • 普通旅客運賃 5割引
  • 定期旅客運賃 3割引

(ただし、小児旅客運賃は割引になりません)

※運賃割引の詳しいお問い合わせは、各バス会社までお願いします。

 有料道路通行料金の割引

 身体障害者または知的障害者のために有料道路(一部有料道路除く)の割引制度があります。割引率は50%です。また、ETCを利用して割引を受けることもできます。
なお、有効期限は2年間となっていますので、継続して割引を受けようとする場合は、更新手続が必要です。精神障害者保健福祉手帳は割引の対象にはなりません。

対象者

障害者本人が運転する場合身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けた方
介護者が運転する場合身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けた方のうち、種の区分が「第1種」の方

※割引の対象となる自動車は、障害者一人につき一台のみ登録できます
※営業用車両は対象となりません
※登録できる自動車は、障害者本人または家族名義のものに限ります

長門市心身障害者等福祉タクシー助成事業

 長門市では、心身障害者の日常生活の利便と社会活動の範囲を拡大し、福祉の向上を目的にタクシー利用券の交付を行っています。

対象者

市内に住所があり、次の手帳を所持している方

  • 身体障害者手帳1~3級、下肢4級
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳1~2級

助成額と枚数

1回につき利用券1枚(500円相当)が利用でき、年間48枚。
人工透析通院者は、透析回数により104枚~312枚。
※10月以降の申請は、半分の枚数となります

自動車運転免許の取得費の助成

 身体障害者の就労等社会活動への参加を促進することを目的に、身体障害者が自動車運転免許の取得に要した費用の一部を助成します。

対象者

  • 1.身体障害者手帳の障害等級が1級から3級の方、または療育手帳・精神障害者手帳をお持ちの方で、山口県公安委員会が行う自動車運転免許適正試験に合格された方
  • 2.身体障害者手帳の障害等級が4~6級で、適正試験により運転することができる自動車の種類(オートマチック車等)を限定された方
  • 3.運転免許の取得により、就労等社会参加が見込まれる方、または社会参加の状況を継続することができると見込まれる方 

助成額  

自動車運転免許の取得に直接かかった費用の2/3で10万円を上限

必要なもの

申請する時

  • 申請書
  • 適性試験に合格したことを証明する書類の写し
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑

請求する時

  • 請求書
  • 運転免許証の写し
  • 領収書(所要経費を証明できるもの)
  • 印鑑

自動車改造の助成

身体障害者の就労等社会活動への参加を促進することを目的に、身体障害者本人が所有し運転する自動車の操向装置などを改造する必要がある方に、改造費の一部を助成します。

対象者

身体障害者手帳所持者 ※所得制限あり

助成額

10万円以内

必要なもの

申請する時

  • 申請書
  • 改造に係る経費の見積書
  • 運転免許証の写し
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑

請求する時

  • 請求書
  • 改造後の写真
  • 印鑑 

駐車禁止除外車両標章の交付

 身体障害者手帳の交付を受けている方で、その障害のために歩行が困難な方、または療育手帳Aの交付を受けている方は駐車禁止除外車両標章の交付を受けることができます。
 詳しいお問い合わせ、申請の手続きは住所地を所轄する警察署までお願いします。