ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福祉医療

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

福祉医療

区分内容対象者
重度心身障害者医療費助成医療に要する経費のうち医療保険の自己負担額を公費で助成します。

 

※ 現在交付している受給者証については、更新時(6月30日)まで利用できます。6月中に更新手続きが必要です(ただし、市の公簿等で対象者本人の障害要件および所得課税情報が確認できる場合は自動更新)。

 

・身障手帳1~3級、療育手帳A、精神保健福祉手帳1級所持者

・障害年金1級受給者

・特別児童扶養手当1級該当者

(所得要件あり)

ひとり親家庭医療費助成医療に要する経費のうち医療保険の自己負担額を公費で助成します。

※ 現在交付している受給者証については、更新時(7月31日)まで利用できます。7月中に更新手続きが必要です。

ひとり親家庭の母、父及び児童、父母のいない児童(児童は18歳の年度末まで、高校生等の場合は20歳の年度末まで)

末まで

(所得要件あり)

 

子ども医療費助成
(※平成28年度新規事業)

 

医療に要する経費のうち医療保険の自己負担額を公費で助成します。

※ 現在交付している受給者証については、更新時(7月31日)まで利用できます。自動更新。
※重度心身障害、ひとり親家庭医療など他の医療費助成を利用している人についてはそちらを優先します。

すべての小学生

(所得制限なし)
平成28年8月1日診療分から開始

乳幼児医療費助成医療に要する経費のうち医療保険の自己負担額を公費で助成します。

※ 現在交付している受給者証については、更新時(7月31日)まで利用できます。7月中に更新手続きが必要です(ただし、市の公簿等で父母の所得課税情報が確認できる場合は自動更新)。

小学校就学前児

(所得制限なし)
平成24年8月診療分から所得制限を撤廃しました