ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 土地に対する課税のしくみ

土地に対する課税のしくみ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

 

価格(評価額)の算定

 土地の価格(評価額)は、総務大臣が定めた固定資産評価基準により、地目別に定められた評価方法によって1平方メートル当たりの価格を決定し、その土地の地積(面積)をかけて求めます。

価格(評価額)=1平方メートル当たりの価格×地積

ア.地目

 地目は、宅地、田及び畑(併せて農地という)、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野並びに雑種地があります。固定資産税の評価上の地目は、登記簿上の地目にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目によって認定します。

イ.地積

 地積(土地の面積)は、原則として登記簿に登記されている地積によります。

おもな地目と評価方法

【宅地の評価方法】

 宅地の評価方法については、「宅地の評価方法」をご覧下さい。

【田・畑(農地)の評価方法】

 田・畑(農地)の評価方法については、「農地の評価方法」をご覧下さい。