ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 固定資産税とは

固定資産税とは

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

 

 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋及び償却資産(これらを「固定資産」といいます。)の所有者が、その固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

固定資産税を納める人(納税義務者)

 固定資産税を納める人(納税義務者)は1月1日の固定資産(土地、家屋、償却資産)の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方です。
 具体的には次のとおりです。

土 地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方
家 屋登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方
償却資産償却資産課税台帳に所有者として登録されている方

 ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その固定資産を現に所有している人が納税義務者となります。

固定資産税の対象となる資産

 土地、家屋及び償却資産が固定資産税の対象となります。

【土地】

 田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野その他の土地(雑種地)をいいます。

【家屋】

 住家、店舗、工場(発電所及び変電所を含みます。)、倉庫その他の建物をいいます。

【償却資産】

 会社や個人で工場や商店などを経営する人が、その事業のために用いることができる機械、器具、備品等をいいます。

よくある質問と回答