ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 入札・契約情報 > 入札契約制度 > 公共工事における前払金支払限度額の撤廃について

公共工事における前払金支払限度額の撤廃について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月23日更新

公共工事における前払金支払限度額の撤廃について

  市が発注する130万円以上の工事(公共工事の前払金保証事業に関する法律(昭和27年法律第184号)第2条第1項に規定する土木建築に関する工事または測量)における前払金の支払限度額について、添付資料のとおり、平成29年4月1日以降契約するものから、支払限度額を撤廃することとしましたのでお知らせします

改正内容

  1. 土木建築に関する工事
     【現行】上限=40%、支払限度額=1億円
     【改正】上限=40%、支払限度額=無制限
  2. 土木建築に関する工事の設計及び調査または測量
     【現行】上限=30%、支払限度額5,000万円
     【改正】上限=30%、支払限度額=無制限

前払金支払限度額の撤廃についてのお知らせ [PDFファイル/30KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)