ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災危機管理課 > 土砂災害ハザードマップを作成しました

土砂災害ハザードマップを作成しました

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月19日更新

目的

 大雨などの影響により、土砂災害が発生、または発生するおそれがある場合に、住民の皆さんの避難などに役立てていただくため、土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域や避難場所などを示した、長門市土砂災害ハザードマップを作成しました。

土砂災害ハザードマップ

マップ

土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域とその指定について

 土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域とは土砂災害防止法に基づき、山口県知事が土砂災害(急傾斜地の崩壊・土石流・地すべり)が発生した場合に、住民の皆さんの生命または身体に危害が生じるおそれがある区域を指定したものです。
 市内では、1,655箇所(急傾斜地950箇所、土石流628箇所、地すべり77箇所)の土砂災害警戒区域及び1,505箇所(急傾斜地931箇所、土石流574箇所、地すべり0箇所)の土砂災害特別警戒区域が指定されています。

土砂災害ハザードマップの配布について

 長門市役所防災危機管理課、各支所・出張所で配布しています。

山口県土砂災害ポータル

 山口県内の土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域や、土砂災害警戒情報システムの確認ができます。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)