ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災危機管理課 > 第10次長門市交通安全計画を策定しました

第10次長門市交通安全計画を策定しました

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月20日更新
 本市では、交通安全対策基本法に基づき、昭和46年度以降、9次にわたり長門市交通安全計画を策定し、交通安全対策の推進を図ってきましたが、本格的な高齢社会を迎えるなど、大きな環境変化の中、安心して豊かに暮らすためには、一層強力に住民の交通安全を確保していくことが極めて重要なことから、本市における陸上交通の安全に関する総合的かつ長期的な施策の大綱を定めた第10次長門市交通安全計画を策定しました。

計画の期間

 平成28年度から平成32年度までの5年間

計画策定の基本的考え方

 「人」「交通機関」「交通環境」を考慮した計画を、住民の理解と協力のもとに推進します。

本市における交通事故の現状

 本市における交通事故件数は、減少傾向にありますが、死者数に横ばいとなっています。最近の交通事故は、高齢化の進展により高齢運転者の占める割合が高水準で推移しています。
また、本市では移動手段として車両を利用する比率が高いため、幹線道路での交通事故が多発しています。

計画の目標指標

 平成32年までに交通事故死者数ゼロを目指します。

計画の推進

 交通事故は「最も身近な危険」であることを認識し、行政、学校、家庭、職場、地域等の緊密な連携のもとに、交通安全思想の普及の徹底、道路交通環境の整備、安全運転の確保、道路交通秩序の維持、車両の安全性の確保、救助・救急活動の充実等を推進します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)