ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

わくわく土曜塾

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月16日更新

― 公民館に集う大人の英知と善意を結集して、子どもの心を育てるボランティア村 ―

 学校週5日制がはじまり、土曜日の子ども達の安全確保と規範意識をそだてる必要性が高まり、平成19年度に「わくわく土曜塾」はスタートしました。
 毎月第2・第4土曜日の午前中に、家庭や学校ではできないさまざまな体験学習を行っています。併せて「親の子育て支援」「学校教育活動を補う」場にもなっています。 


平成28年度 年間体験予定 [PDFファイル/83KB]

こんなことを体験したよ!

 多様な体験としては、中央公民館を活動の拠点としている社会教育団体(生涯学習グループ)のみなさんを講師とした墨絵や絵手紙、伝統芸能等の講座を行っています。
 また、ほかにも地域の学校や団体と連携した防災教育、ニュースポーツ、登山、かまぼこつくり、魚のさばき方、アグリスクールなど長門らしさも交えた多種多様な内容で行っています。
 このような活動には、地域の方、保護者が積極的に講師やコーディネーターとして参加していただいています。

平成28年7月23日 そうめん流し

 旧大畑小学校でそうめん流しをしました。

 電車に乗って、駅から学校までゴミ拾いをしたり、学校の草取りをしました。

みんなで電車に乗りました。 そうめんおいしい。

平成28年7月9日 夏野菜収穫 ~米粉ピザ作り~

 わくわく農園の夏野菜を収穫しました。

 とれた野菜を使って米粉のピザをつくりました。

ピザの生地をこねてます。 作ったピザをみんなでおいしく食べました。

平成28年6月25日 水産体験 ~くじら~

 大津緑洋高校水産校舎でくじらの勉強をしました。

 友愛学級の方と一緒に鯨肉の竜田揚げなどを作りました。

高校生のお兄ちゃんにくじらのことを教えてもらいました。 鯨肉で作った料理をみんなでおいしく食べました。

平成28年6月11日 友愛学級との交流会 ~七夕飾りを作ろう~

 地域の高齢者学級と交流会をしました。

 おばあちゃんに教えてもらいながら笹飾りを作りました。

みんなで短冊をかきました。 班の旗をつくりました。

平成28年5月28日 わくわく農園 ~芋植え・玉ねぎ~

 JAアグリスクールとの共催で芋を植えました。

 野菜の勉強をして、たまねぎの収穫もしました。

わくわく農園で芋植えをしました。 わくわく農園で芋を植えました。

平成28年5月7日 平成28年度わくわく土曜塾開講式 わくわく農園

 平成28年度のわくわく土曜塾がスタートいたしました。

 JAアグリスクールとの共催でミニトマトの苗を植えました。

JAアグリスクールの講師にトマトの植え方を教わりました。 ミニトマトを植えています。

 

平成28年3月12日 平成27年度わくわく土曜塾修了式

 平成27年度のわくわく土曜塾の修了式を行いました。

 塾生一人ひとりに修了証を手渡しました。

平成27年度のわくわく土曜塾を振り返りました。 塾生みんなに修了証を手渡しました。

平成28年2月27日 お茶会

 お茶の作法を教わり、塾生それぞれがお茶をたてました。

 お茶菓子と一緒においしくいただきました。

お茶の作法を教えてもらいました。 おいしくいただきました。

平成28年2月13日 フォークダンス・福祉体験

 低学年の生徒はフォークダンス長門のみなさんと一緒にフォークダンスを踊りました。

 高学年の生徒は長門市社会福祉協議会から講師をお招きして福祉体験として点字教室を行いました。

フォークダンスを楽しむ子供たち 福祉体験

平成28年1月9日 凧づくり 

 本日は「長門どうじん凧の会」のみなさんに凧づくりを教えていただきました。

 子どもたちは今年の干支である「猿」や自分の好きな絵を描き、どうじん凧の会のみなさんの指導にしたがって「いかだこ」または「六角だこ」を作っていました。

 この凧は1月16日に行われた「長門市凧あげ大会」において、大空高く舞い上がっていました。

 長門どうじん凧の会のみなさんに教えてもらいました。 一生懸命つくりました

平成28年1月23日 おいもでクッキング

 昨年子どもたちがわくわく農園で育てて収穫したさつまいもを使ってやきいも大会を行う予定でしたが、あいにくの雨のため、公民館の調理室でさつまいもを使った料理づくりをしました。

 「はちみつレモン煮」「いもけんぴ」「いもおはぎ」「シナモンシュガー」などをつくりました。

 この日は高齢者学級のみなさんも加わり、いっしょに楽しく食べることができました。やっぱり自分たちで育てたさつまいもは美味しいねッ

高齢者学級のみなさんと一緒につくりました。 一生懸命つくりました。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)