ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農地の転用について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

農地の転用について  

 農地を宅地等に転用したり、植林をする場合には、必ず農業委員会の許可が必要です。長門市では、農業委員会総会で審議後、県へ進達し、県知事の許可となります。無断で転用した場合には、原状回復等の罰則規定があります。

 また、転用を計画している農地が農業振興地域の農用地区域内にある場合には、転用できません。転用するには、農用地区域内からの除外の申請手続きが必要となります。

 最初に、転用しようとしている農地が農業振興地域の農用地区域内に入っているかどうか確認をお願いします。確認及び除外申請の手続きは、市役所農林課農政畜産係または各支所総合窓口課経済施設班で受付を行っています。
 立地基準や転用目的によっては、許可できない場合もあります。農地の転用を計画している場合には、事前に農業委員会または各支所総合窓口課経済施設班へ相談をお願いします。