ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > UJIターン・定住 > 定住 > 地域おこし協力隊を募集しています

地域おこし協力隊を募集しています

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月20日更新

 長門市は、本州最西端の山口県の北西部に位置し、温暖な気候と海や山などの豊かな自然環境に恵まれ、これらを活かした農林水産業と、五つの温泉郷や貴重な歴史・文化資源を活かした観光産業を基幹産業として発展してきました。

 現在、長門市内では7名の地域おこし協力隊員が、それぞれの地域協力活動に励んでおり、今回募集する地域おこし協力隊の活動内容は下記のとおりです。

 

林業の推進

活動内容(林業事業の推進)

林業振興について

 長門市は、豊富な森林資源を有しており、市の75%は森林で占められています。また、市内の木材を利用したウッドスタート事業(木育の推進)を契機として「林業・木材産業の発展」と「子育て世代に選ばれるまちづくり」を目指しています。

 平成30年4月7日には道の駅「センザキッチン」内に木育推進拠点施設「長門おもちゃ美術館」が整備され、木育及び林業振興を本格始動したところです。

 今回は、市が掲げる林業成長産業化に向け、中間支援団体の「三隅林業研究グループ」と密接に連携して、林業振興に向けた取り組みを行っていただきます。

活動内容

隊員は、地域住民と連携しながら、次の地域協力活動を行います。

林業振興に関する活動

自伐型林業の調査・研究等

地域資源の発掘、活用、特産品開発に関する活動

木材、山菜等の地域資源を活用した特産品開発や、販路開拓等

交流促進に関する活動

森林資源を活用した交流イベントの企画、実施等

定住促進に関する活動

林業を生業として検討している方、三隅地区への移住を検討されている方への相談対応、空き家の調査 など

PR動画

動画<外部リンク>

※画像をクリックするとyoutubeに移行します

募集要項

詳しい募集内容はこちら

 

 

日置地区

活動内容(日置地区)

日置地区について

 長門市の西部に位置する日置地区は、人口約3,700人、面積約44.8㎢で、日置平野や棚田を有し、農業や畜産を産業の中心とするとともに、東部には日本海に面した漁港を有していて、一次産業が栄える地区です。
 また、北部には標高333mの高台に広がる草原の地の千畳敷や、海水浴やサーフィンを楽しむことの出来る二位ノ浜があり、多くの観光客が訪れ、交流人口も多い地区です。
 日置地区の高齢化率は約41%であり、全国平均約26%と比べ高い水準となっていますが、元気な高齢者が多く、その多くの方々は、私たちが知らない知識や技術を持っています。
 今回は、そんな日置地区において、高齢者の生きがいづくりに関することを活動の柱とし、地域おこし協力隊の活動を支援する中間支援団体の「日置まちづくり協議会」と連携して、日置地区の地域振興に関する取り組みを行っていただきます。

活動内容

 隊員は、地域住民と連携しながら、次の地域協力活動を行います。

高齢者の生きがいづくりに関する活動

  • 地域資源と地域の高齢者の智恵を掛け合わせた新たなビジネスの立案等
  • 高齢者が生きがいを持って働ける場づくりの立案等
  • 高齢者の買い物支援等

地域の情報発信、交流促進に関する活動

  • 地域資源の魅力の収集及び情報発信等
  • 地域行事の実施支援、新たな交流イベントの企画等

定住促進に関する活動

  • 日置地区への移住を検討されている方への相談対応、空き家の調査等

PR動画

PR動画<外部リンク>

※画像をクリックするとyoutubeに移行します

募集要項

詳しい募集内容はこちら

 

 

 

地域おこし募集

 『しごと創出』に取り組んでいただける意欲のある地域おこし協力隊を募集します。

 長門市は、本州最西端の山口県の北西部に位置し、温暖な気候と海や山などの豊かな自然環境に恵まれ、これらを活かした農林水産業と、五つの温泉郷や貴重な歴史・文化資源を活かした観光産業を基幹産業として発展してきました。

 しかし、地方における急激な人口減少が問題となっている昨今、中心となる生産年齢人口が減少し、労働力の確保が困難となっております。長門市においても、人口減少への対応は待ったなしの最重要課題となっています。このような状況下で、まちの活力を生み出す上で、最も重要となる「しごとの創出」に取組む人材を求めています。

活動内容 

概要 

 長門市では地方創生の取組みの一つとして「長門地域しごとセンター」の立ち上げを予定しており、(1)長門市に愛着と誇りを持ち、地域に貢献する人材を育成することで、「まち」と「ひと」を繋ぎ、(2)市内産業の魅力発信・向上支援をすることで、「企業」と「ひと」を繋ぎ、(3)「つなぐ」をキーワードとしたマッチング事業により、「ひと」と「しごと」を繋ぐことに取り組みます。これらの取組みにより、若者が望むかたちで就職・創業が実現できる環境を整え、「ひと」と「しごと」が上手く循環する地域社会の実現を目指しています。

 今回は、「長門地域しごとセンター」を運営する「NPO法人つなぐ」を中間支援団体とし、魅力ある市内産業の情報発信・育成、郷土愛を持った人材の育成等に取組み、生産年齢世代の確保と新たなしごとの創出を行っていただきます。

活動内容 

地元企業の情報収集・発信及び就職マッチングに関する活動

  • 地元企業、団体及びそこに暮らす人々のしごとの魅力の収集及び情報発信等
  • 就業希望者のニーズ調査による情報提供等
  • 地場産業の魅力を発信する交流イベント、体験プラン等の企画コーディネート

長門らしいキャリア教育の研究・開発に関する活動

  • 長門市内外で活躍できる郷土愛を持った人材の育成、市内中高生に提供するキャリア教育等

新たなしごとの創出に関する活動

  • 新たなしごとを創出するために基礎データの収集・活用方法等の検討
  • 地域課題を解決するための起業家の支援等

PR動画

PR動画<外部リンク>

※画像をクリックするとyoutubeに移行します

詳しい募集内容はこちら