ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 市政運営・行財政 > 行政改革 > 平成28年第2回長門市議会臨時会 行政報告

平成28年第2回長門市議会臨時会 行政報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月14日更新

行政報告

1.臨時福祉給付金の誤支給について

 このたび、臨時福祉給付金の支給において、誤って支給対象外の方に支給していることが判明いたしました。
 これは、平成26年度からの臨時福祉給付金並びに高齢者向け給付金において、支給対象外の方に対し誤って支給した事案が発生したことによる国からの注意喚起通知等を受け、調査したところ、本市においても誤支給していることが判明したものです。
 誤支給の原因でございますが、臨時福祉給付金の支給決定にあたり、本来、支給対象外である市民税課税者の配偶者特別控除の対象となっている方を、誤って支給対象者として判定していたことにより発生したもので、誤支給の対象となる方の人数及び金額は、平成26年度から平成28年度に支給した4つの給付金の合計で、実人数30人、誤支給の金額は65万3千円でございます。
 このような事態を招いたことにつきまして、誤支給を受けた方々に対し深くお詫びを申し上げます。
 対象者の方への対応でございますが、職員が対象者宅に電話連絡を行ったうえで訪問等により、誤支給であったことについてお詫びをするとともに、給付金の返還につきましてご理解をいただき、ご返還をいただいているところでございます。
 今後は、このようなことが起きないよう、臨時福祉給付金支給事務のみならず業務全般にわたり、適切な事務処理とチェック体制を徹底し、再発防止に努めてまいります。