ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 長門市新庁舎建設 > 「長門市庁舎建設基本計画(案)」に対するパブリックコメントの募集について(終了)
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 市政への参加 > パブリックコメント > 「長門市庁舎建設基本計画(案)」に対するパブリックコメントの募集について(終了)

「長門市庁舎建設基本計画(案)」に対するパブリックコメントの募集について(終了)

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月25日更新

「長門市庁舎建設基本計画(案)」について

 「長門市庁舎建設基本計画(案)」について、皆さまから意見を募集しましたところ、1件(1人)の意見が寄せられました。ご意見をいただいた方に厚くお礼を申し上げます。

 つきましては、ご意見の概要とそれに対する市の考え方をまとめましたので、次のとおり公表いたします。

意見募集期間

平成28年2月24日~平成28年3月23日

意見の件数

1名1件

意見の概要と市の考え方

No.

意見の概要

市の考え方

1

 なぜ、建設期間中駐車場の確保も難しい南側の用地を候補地とされたのか。ほかに、候補地を選ばなかったのは、何かお考えがあったんですか。
 私的には、青果市場を移転して隣接する農地や、宅地を移転補償して、南側の用地と交換しても駐車場を確保することが必要と思います。

 市有地の有効活用や現本庁舎付近が各行政機関の多く立地する行政集積ゾーンであり、今後も行政拠点としての市民の利便性の継続を図ることができることから、南側駐車場を新庁舎の位置としています。他の市有地や民間施設も検討しましたが、利便性や用地取得費を考慮した結果、南側駐車場が最も適していると考えます。
 また、建設期間中の駐車場については、敷地東側の駐車場を利用することにより、来庁者や公用車の駐車場を確保する計画としています。こうしたことから、多額な費用を要する用地取得は、考えておりません。

概要

 市役所本庁舎は、耐震性は極めて低く、施設の老朽化、庁舎内部の狭あい化や行政機能の分散化など様々な問題を抱えています。
 こうしたことから、平成27年4月に「長門市庁舎建設基本構想」を策定し、平成31年度の供用開始に向けて新庁舎の建設事業を進めています。
 現在、市では、この基本構想を踏まえた「長門市庁舎建設基本計画」の策定に取り組んでいます。この基本計画は、新庁舎の建設にあたり、基本となる考え方や導入する機能、新庁舎の規模などをまとめたもので、今後の設計の指針となる計画です。
 この度、基本計画案を取りまとめましたので、市民の皆様からのご意見をお聞きするパブリック・コメントを実施します。
 市民の皆さんに広く意見を募集します。多くの意見をお待ちしています。

公表する資料

長門市庁舎建設基本計画(案)

資料の閲覧方法

市ホームページへの掲載
文書閲覧(市役所3階行政情報閲覧コーナー、各支所総合窓口課および各出張所)

意見の募集期間

平成28年2月24日(水曜日)~3月23日(水曜日)

意見を提出できる人

市内に住所を有する者

市内に事務所や事業所を有するもの又は勤務する者

市内の学校に在学する者

市に対して納税義務を有するもの

意見の提出先、提出方法等

提出先

〒759-4192 長門市東深川1339番地2
長門市企画総務部総務課庁舎建設準備室
TEL:0837-23-1197 FAX:0837-22-6345
メール:chosha@city.nagato.lg.jp

提出方法

 「長門市庁舎建設基本計画(案)」に関するご意見を記入してください。
 提出にあたっては、住所、氏名、連絡先を明記の上、郵便、FAX、電子メールでお寄せいただくか、企画総務部総務課庁舎建設準備室まで直接お持ちください。(月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで)
 なお、電話や来庁による口頭での受付は行っておりませんので、ご了承ください。


提出様式

 意見提出用紙をご利用ください。任意の様式でご提出の場合は、住所、氏名、電話番号を必ず記載してください。ご意見の内容以外は公表いたしません。

結果の公表

 皆様から提出いただいたご意見は、今後の参考にさせていただきますとともに、提出されたご意見の概要、これに対する市の考え方をホームページで公表いたします。
 なお、分かりにくいものや匿名のご意見又は本案件に該当がないと思われるご意見に対しては、市の考え方をお示ししない場合があります。
 また、ご意見に対する個別の直接回答、ご提出いただいた原稿の返却は行いませんのでご了承ください。
 ご記入いただいた個人情報については、この意見募集の範囲内で利用します。これ以外での目的では利用いたしません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)