ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林課 > 第25回全国棚田(千枚田)サミット開催

第25回全国棚田(千枚田)サミット開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

 全国棚田(千枚田)サミットは、中山間地の喫緊の課題である担い手不足や耕作放棄等の解決に向け議論すること等を主な目的として平成7年から毎年、日本の棚田百選に認定されている地域を中心に開催されています。

 中国地方初開催となるこのサミットの期間中は、全国から多くの農業関係者が長門市に集いますので、市民の皆さん方には「おもてなし」の心で温かくお迎えくださるようご協力をお願い致します。

主催

 全国棚田(千枚田)連絡協議会

主管

 第25回全国棚田(千枚田)サミット長門市実行委員会

テーマ

棚田の魅力を再発見!~美しいふるさとを未来へ~

日程

10月13日(日曜日)

時間

行事内容

場所等

9時30分~

オープニング(油谷こどもミュージカル)

ルネッサながと

10時00分~

開会式典

ルネッサながと

10時30分~

事例発表(山口県立大学)

ルネッサながと

10時50分~

基調講演(明治大学農学部小田切教授)

ルネッサながと

12時00分~

昼食・休憩

ルネッサながと

13時00分~

第1分科会

第2分科会

第3分科会

ルネッサながと

ルネッサながと

長門市立図書館

15時00分~

農ガールコレクション

ルネッサながと

18時30分~

全体交流会

ホテル西京

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニング

 これまでに17回の公演を重ね、延べ観客動員数は2万人を超え市内外の多くの方から愛されている油谷こどもミュージカルの団員29名で、第25回全国棚田(千枚田)サミットのオープニングミュージカルを披露します。

事例発表

平成25年より山口県立大学国際文化学部の学生が中心になり、若者や女性などの層に、新たな農業スタイルを提案し、農業に対するイメージアップを図るための農作業着ファッションショーの実施や棚田米パッケージデザイン制作等の取組みについて発表します。

基調講演

演題 

関係人口と農山村再生 ~新しい「地方創生」へ~

講師 

明治大学農学部教授 小田切 徳美 氏

小田切教授

内容

「関係人口」に着目し、地域外の人材と地域住民との関わりを深化・持続させることによる農山村再生の方策等について講演していただきます。

第1分科会

テーマ

棚田を守る多様な「担い手」

内容

 この分科会では、担い手不足に悩む中山間地域の課題解決のため、地域の外に住みながら地域や地域の人達と関わり合う「関係人口」等に着目し、地域外からの交流・支援の入口を増やす取組み等について考えます。

キャスト

コーディネーター

 小田切 徳美 氏(明治大学農学部教授)

パネリスト
  1. 棚田清流の会 佐伯 伴章 氏
  2. 農事組合法人植柳ファーム 柴岡 寛瑛 氏
  3. 株式会社百姓庵 井上 雄然 氏

第2分科会

テーマ

棚田を核とした地域振興

内容

この分科会では、農業だけではなく、歴史、文化、景観、環境等様々な視点から中山間地域を見つめ直し、「モノづくり」や「コト起こし」を通じて、地域のファンを増やし地域振興に繋がる取組み等について考えます。

キャスト

コーディネータ

内田 恭彦 氏(山口大学経済学部教授)

内田教授

パネリスト
  1. 内閣府地方創生推進事務局 遠藤 順也 氏
  2. 株式会社ARCHIS 松浦 奈津子 氏
  3. 特定NPO法人ゆや棚田景観保存会 大田 寛治 氏

第3分科会

テーマ

地域の誇り棚田の「再生」

内容

この分科会では、荒廃が進む棚田の保全意義について再認識し、様々な地域で取り組む保全活動を共有すると共に、国等の補助制度を有効活用しながら遺産的農地を永続的に後世へ伝えるための方策等について考えます。

キャスト

コーディネーター

小川 全夫 氏(九州大学・山口大学名誉教授)

小川教授

パネリスト
  1. 農林水産省中山間地域・日本型直接支払室長 荻野憲一 氏
  2. 一般社団法人上山集楽 西口 和雄 氏
  3. 本郷集落協定 大汐 光晴 氏

農ガールコレクション

 若者や女性などの層に、新たな農業スタイルを提案し、農業に対するイメージアップを図るため農作業着ファッションショーやミニライブ等を実施します。今年は「はるな愛」さん、「芹那」さんをはじめ多くの華やかなゲストにより一日限りのステージをお届けします。

全体交流会

 地域間交流を深めるため全体交流会をホテル西京で開催します。長門市ならではの特産品を提供し、魅力ある長門の味を参加者にお楽しみいただきます。

 

10月14日(月:祝)

時間

行事内容

場所等

7時30分~

現地見学会

・東後畑の棚田

・本郷の棚田

観光エクスカーション

 ・青海島・島旅陸路コース

 ・元乃隅神社・絶景満喫コース

 ・青海島・島旅海上コース

市内各所

11時30分~

閉会式典

ルネッサながと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地見学会・観光エクスカーション

棚田と日本海と漁火の景色がカメラマンを魅了する「東後畑の棚田」をはじめ、自然、歴史、文化等長門市の多くの魅力ある地域資源を体感していただくため多種多様なプログラムを用意しています。

 

サミットへの参加

参加資格

棚田に興味のある方であればどなたでも参加可能です。

参加費用

一人当たり3,000円

問い合わせ先

第25回全国棚田サミット長門市実行委員会事務局(長門市役所経済観光部農林課内)

tel:0837-27-0400