ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 長門市地域包括支援センター

長門市地域包括支援センター

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月3日更新

長門市地域包括支援センター

 地域包括支援センターには、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員などの専門職が配置されています。地域包括支援センターは高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、さまざまな相談に応じ、適切な機関と連携して総合的な支援を行う機関です。

サービスの内容

1 総合相談支援事業

 介護、福祉、保健、医療に関する総合相談窓口です

【相談例】

  • 生活や健康について困ったことがあるが、どこに相談していいかわからない
  • 近所の一人暮らしの高齢者が心配
  • 離れて住む両親に物忘れの症状が出てきた
  • 近所の高齢者が閉じこもりがちになっており、体が弱ってきた

2 権利擁護事業

 毎日を安心して生活できるように、みなさんの権利を守る情報を提供したり、相談に対応します

【相談例】

  • 悪質な訪問販売の被害にあった
  • 将来の財産管理が心配
  • 認知症の父親の介護でイライラし、父親にひどく対応してしまう
高齢者虐待防止・対応マニュアル

3 介護予防ケアマネジメント事業

 介護保険で「要支援1・2の認定を受けた方」「要支援になる恐れのあるかた」など、みなさんの心身の状態にあわせて介護予防の支援をします

【相談例】

  • 介護予防ケアプランを作りたい
  • 身体の機能が弱ってきた
  • 今の健康を維持できるような活動の場を知りたい

4 包括的・継続的ケアマネジメント事業

 適切なサービス提供と住みやすい地域づくりを支援します
 

ながと医療介護サービスガイド

5  介護予防事業

ころばん体操

転倒・骨折は介護が必要となる原因のひとつです。ころばん体操は理学療法士・保健師等の専門職が作成し、下肢筋力を鍛え、転倒・骨折を予防できるよう工夫された体操です。

ほっちゃテレビ(長門市ケーブルテレビ)にて毎日放送されています。
(放送開始時刻:8時30分、10時30分、12時30分、14時30分、16時30分、18時30分、20時30分、22時30分、0時30分)

長門市地域包括支援センターでは、市民のみなさんがころばん体操に取り組めるようDVDの貸出やころばん体操の指導等を行っています。

ころばん体操(PDF形式、520KB)

高齢福祉サービスのご案内

6 介護予防・日常生活支援総合事業

 要支援者や事業対象者が日常生活を送るうえで必要とする「生活支援」や「介護予防」など、高齢者に対する支え合いの地域づくりを行います。

講座・講演会等のご案内

現在、参加者募集中の講演会等はありません。

担当地区

 長門市地域包括支援センター 担当地域:市内全域 
 山口県長門市仙崎198番地1 長門市地域医療連携支援センター内
 Tel:0837‐23‐1244
 Fax:0837‐27‐0266

長門市地域包括支援センターは長門市地域医療連携支援センターの1階にあります。

長門市地域包括支援センターは長門市応急診療所に併設されています。

身近な相談窓口

  • 長門市地域包括支援センター        Tel:0837-23-1244
  • 長門市保健センター              Tel:0837-23-1133
  • 長門市三隅保健センター           Tel:0837-43-2444
  • 長門市役所日置支所(日置保健センター) Tel:0837-37-2193
  • 長門市油谷保健福祉センター        Tel:0837-33-3021

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)