ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険 健診について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新
  1. 特定健康診査
  2. 特定保健指導
  3. 国保人間ドック・歯科健診

1 特定健康診査

 長門市国民健康保険では、内臓脂肪の蓄積をきっかけとする高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病をみつけ、生活習慣の改善、病気の予防を目的とする『特定健康診査』を実施しています。

 市民の健康維持と医療費適正化のためにも年に一度の健診を受診しましょう!!

対象者

平成29年4月1日以前から長門市国民健康保険に加入しており、今年度中に40歳以上になる方

※現在、生活習慣病で治療中の方は受診の必要性について主治医とご相談ください 

 受診内容(負担金・検査内容等)

1. 自己負担額 1,000円

2. 検査内容

検査項目

疑われる異常や病気
身体計測肥満、内臓脂肪型肥満
血圧測定高血圧
血液検査

血中脂質検査
中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール

動脈硬化

肝機能検査 GOT/GPT/γ-GTP

肝臓機能の異常

血糖検査 ヘモグロビンA1c

糖尿病

その他検査 貧血検査/クレアチニン/尿酸

貧血、腎臓機能の異常、痛風
尿検査尿糖糖尿病
尿蛋白腎臓機能の異常
心電図不整脈、狭心症、心筋梗塞

3. 結果通知 受診された月から、約1ヵ月後に長門市健康増進課より郵送されます。

受診方法

1. 5月中旬に、対象者へ「受診券」、「質問票」等を送付します。
   以下をお持ちのうえ、市内の医療機関または集団健診会場で健康診査を受診してください。

  (1)健康診査受診券
  (2)質問票(事前に記入してください)
  (3)健康保険証
  (4)自己負担金 1,000円

  ※特定健診の補助は1年に1回となります。
   重複して受診した場合、1回分は全額自己負担となりますのでご注意ください。

2. 受診機関 (1)か(2)どちらかで受診してください

  (1)医療機関健診
    受診期間:6月1日(木曜日)~11月30日(木曜日)

  (2)集団健診
    受診期間:6月6日(火曜日)~12月3日(日曜日)

※がん検診と同時に受診できます

お願い:職場や事業所健診、人間ドックなど受診された方は、健診結果(コピー可)を提出していただくと、特定健診を受診したとみなされます。ご協力をよろしくお願いいたします。(ご連絡いただければ返信用封筒を送付いたします)

 

よくある質問

Q1.なぜ特定健診が必要なのですか?

A.日本人の死因の半数以上はがん・心疾患・肺炎で占められています。これらの発症には生活習慣が大きく影響しており、中には重症化して介護サービス等が必要になるケースもあります。特定健診・特定保健指導ではこれらの生活習慣病を予防し、将来的な医療費の増大を抑えることで、安心・健康な社会を目指しています。

Q2.受診券を失くしてしまいましたが、受診できますか?

A.受診券を再発行いたします。長門市役所保険課または各支所・出張所にて再交付申請が必要です。

Q3.定期的に通院して検査を受けていますが、受診する必要がありますか?

A.通院されている方も、特定健診の対象者です。 かかりつけの主治医にご相談ください。

Q4.健診を受けるメリットは何ですか?

A.

(1)自分の体の状態を知って生活改善に活かすことができます

 自覚症状のない生活習慣病を放置していると、自覚症状が出たときには重症化し、腎症などの合併症を起こすこともあります。

 健診を受けなければ、生活習慣病には気づきません。健診を受けて、リスクに早く気づき、重症化する前に改善に取り組みましょう!

(2)みんなで健康になれば、保険料が安くなります

 もし放置した生活習慣病が悪化して、通院することになったら…

 家庭の医療費が増えるのはもちろん、みなさまが加入している医療保険の負担も増えてしまいます。 予防健診を受診し、健康を保持することは最終的に医療費の適正化につながります。

 自分のために、みんなのために。ご家族やご近所ですすめあって、みんなで健診を受けましょう!

2 特定保健指導

 特定健診の結果により、メタボリックシンドローム該当者及びその予備軍の人には、予防・改善のためにおおむね6ヵ月にわたり、必要な食生活や運動などの生活習慣改善の取り組みを専門家がサポートします。

対象者

  1. 動機づけ支援 メタボのリスクが出始めた人
  2. 積極的支援  メタボのリスクが重なっている人

利用方法

 対象の方は、長門市から「特定保健指導利用券」と案内通知が届きますので、案内に従ってご利用ください。

費用

 無料

3 国保人間ドック・歯科健診

 

人間ドック

歯科健診

対象者

長門市国保加入者で30歳以上40歳未満の方

平成29年4月2日以降長門市国保に加入した40歳以上の方(注)

長門市国保加入者で30歳以上の方

検査内容

身体計測、血圧測定、血液検査、心電図検査、尿検査、大腸がん検査、肺がん検査、胃がん検査(X線または内視鏡)、腹部超音波、眼底検査等

口腔清掃、歯石沈着、歯周疾患、不正咬合、口腔粘膜疾患

実施医療機関

長門総合病院、岡田病院、斎木病院、天野内科胃腸科医院、半田内科クリニックほか

*医療機関によって検査項目と費用が異なっています。詳しくは申し込み時に確認ください。

市内歯科医院どこでも受診できます

検査費用

自己負担額 6,060円~6,480円

※今年度30歳、35になる方は無料です

自己負担額 300円

※今年度30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70になる方は無料です

実施期間

6月1日(木曜日)~12月25日(月曜日) 

ただし、定員(人間ドック30人、歯科50人)になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。

申込方法

6月1日(木曜日)から受付を開始します。印鑑と保険証をお持ちのうえ、市役所保険課または各支所・各出張所でお申し込みください。利用券を送付しますので、医療機関へ直接予約のうえ受診してください。

(注)平成29年4月1日以前から引き続き国民健康保険に加入している40歳以上の方については、特定健診を受診してください。5月中旬に受診券を送付していますのでご確認ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)