ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新生児に木のおもちゃを配布

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月24日更新

市の木育推進事業  

誕生祝い品事業

 木のおもちゃ長門市で育った木を使用し、長門市の職人が作った、長門市にちなんだ木のおもちゃを新生児に贈呈します。

 長門市の誕生祝い品は「くじらの親子」です。

 親くじらは車輪のついた車玩具。クジラの胸びれと背びれは上下にスイングするよう動きます。子くじらは振ると優しい木の音が鳴るガラガラです。

 かつて、伝統的なくじら漁が盛んにおこなわれていた長門市には、今もその名残りが見られます。街に残された鯨墓からは、この土地の人々が受け継いできた自然や生命の慈しみが感じられます。

 この街で生まれた童謡詩人 金子みすゞは、そんな「命の慈しみ」を多くの作品の中でうたい、その詩は時代や国境を越えて今も世界中で共感を呼んでいます。

 今回のおもちゃのデザインは、そんな長門市の文化にある「命の慈しみ」を子どもたちに伝えたいと考えデザインしました。(デザイナー 前野健)

 

申請について

対象者:平成28年4月1日以降に出生した人で長門市に住所を有し、かつ現に居住している人
※ただし、贈呈品を受領しないで市内に住所を有しなくなったときは、支給対象者から除きます
 

提出先:長門市経済観光部農林課林務係(Tel 0837-23-1142)
※出生届提出時に申請書を渡します

 

誕生祝い品申込書 [Wordファイル/19KB]