ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「花津浦」 2019年8月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

花津浦

 

浜で花津浦眺めてて、

「むかし、むかし」と

ききました。

浜で花津浦みる度に、

こころさみしく

おもい出す。

 

「むかし、むかし」と

花津浦の

その名の所縁きかされた

郵便局の小父さんは、

どこでどうしているのやら。

 

あのはなづらの

はな越えて、

お船はとおく

消えました。

 

いまも、入日に海は燃え、

いまもお船は沖をゆく。

 

「むかし、むかし」よ

花津浦よ、

みんなむかしになりました。

 

                     「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

突然暑くなって、海が恋しい八月です。

 仙崎には駅を背に、右に仙崎湾、左に深川湾があります。仙崎湾は漁船や観光船、海上保安庁の巡視船を見ることができますが、深川湾はさわやか海岸と呼ばれる砂浜があります。そこでよく私は小さい貝をひろうのですが、ここからは、みすゞさんが郵便局のおじさんに所縁をきいた、“花津浦”がとてもよく見えます。――ああ、みすゞさんもこうして眺めたんだなぁと、心がいっぱいになります。

 記念館の八月の企画室は新人二人の学芸員による「仙崎八景展」です。みすゞさんの詩と共に、当時の写真と現代の写真と解説を入れたもので、二人共県外からの学芸員なので、初めて見た八景の魅力を大いに伝えてくれるものになっています。

 全国のお客さまだけでなく、長門の人にも新しい八景の魅力に出逢える企画です。

 どうぞ どうぞおでかけくださいますように、館員一同心よりお待ちしています。

 

                                            令和元年8月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫