ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「仔牛」 2019年6月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月1日更新

仔牛

ひい、ふう、みい、よ、踏切で、

みんなして貨車をかずえてた。

 

いつ、むう、ななつ、八つめの、

貨車に仔牛がのっていた。

 

売られてどこへゆくんだろ、

仔牛ばかしで乗っていた。

 

夕風つめたい踏切で、

皆して貨車をみおくった。

 

晩にゃどうしてねるんだろ、

母さん牛はいなかった。

 

どこへ仔牛はゆくんだろ、

ほんとにどこへゆくんだろ。

 

         「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

「仔牛」は一編の詩ですが、短編映画を見ているような美しい作品です。

 母さん牛がいないことに気づいた子どもたちは、去っていく貨車を見送りながら、「どこへ仔牛はゆくんだろ、/ほんとにどこへゆくんだろ。」と、さみしさと不安でいっぱいになっている姿が印象的です。

 「ぞうさん」の詩人、まどみちおさんは見送りかたのとても美しい方でした。

 お宅にうかがっての帰り、いつも奥さまと二人で外まででていらして、ずっと見送ってくださいました。ふり返った時、見送ってくださる姿を見ることは、とっても倖せでした。

 見送るとは、見守るということだと、その時、深くこころにしみました。

 金子みすゞ記念館も、お迎えする時はもちろんですが、見送りかたを大切にできる館でありたいと、館員一同思っています。

 今年も忘れずにつばめが子育てを始めました。かわいいなき声でお待ちしています。

 

令和元年6月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫