ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「星とたんぽぽ」 2019年3月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

星とたんぽぽ

青いお空の底ふかく、

海の小石のそのように、

夜がくるまで沈んでる、

昼のお星は眼にみえぬ。

  見えぬけれどもあるんだよ、

  見えぬものでもあるんだよ。

 

散ってすがれたたんぽぽの、

瓦のすきに、だァまって、

春のくるまでかくれてる、

つよいその根は眼にみえぬ。

  見えぬけれどもあるんだよ、

  見えぬものでもあるんだよ。

 

     「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 ”見えぬけれどもあるんだよ”とみすゞさんが歌った18年後、”大切なものは、目に見えないんだよ”と「星の王子さま」で、サン・テグジュペリ。

 大切なまなざしは、時とところを越えて受けつがれています。

 この”見えぬけれどもあるんだよ”のフレーズを冠した「甦った童謡同人誌展」今月、企画展示室で開催されています。

 みすゞさんが童謡を投稿していた大正15年前後は、日本の童謡の全盛期でした。全国で150種類以上もの同人誌が誕生しました。

 多くが手造りで、冊数も少なく、今ではほとんどが失われてしまいました。

 幸いなことに、愛知県岡崎で若き日に童謡を創作していた大竹一三氏宅に、西條八十、野口雨情系の同人誌49種類、約100冊が遺されていて、今回、みなさまにご覧いただける機会ができました。

 貴重な同人誌に逢いにおでかけください。

平成31年3月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫