ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「打出の小槌」 2019年1月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月1日更新

打出の小槌

 

打出の小槌貰うたら

私は何を出しましょう。

 

羊羹、カステラ、甘納豆

姉さんとおんなじ腕時計。

まだまだそれよりまっ白な

唄の上手な鸚鵡を出して、

赤い帽子の小人を出して

毎日踊りを見ましょうか。

 

いいえ、それよりおはなしの

一寸法師がしたように

背丈を出して一ぺんに

大人になれたらうれしいな。

 

     「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 新年明けましておめでとうございます。

 一月は「打出の小槌」です。「美しい町」に載っていますから、みすゞさんが童謡を書き始めた頃の作品です。

 ”羊羹、カステラ、甘納豆/姉さんとおんなじ腕時計。””唄の上手な鸚鵡を出して、/赤い帽子の小人を出して”と声に出して読んでいると、明るくて、かわいいみすゞさんが目に見えるようで、ワクワクします。

 仙崎は小さな漁師町ですが、当時は大津郡の銀座といわれ、金子家は書店をしていたので、この地域では新しい文化が一番初めに集まる場所でした。また、大正十四年に始まったラジオ放送を聴くために、兄の堅助さんは大阪まで行って鉱石ラジオを手に入れたそうです。

 金子家の人たちは、どんなことにでも興味がわく、柔かい心の持ち主だったのでしょう。

 金子みすゞ記念館は、金子家の場所に建っています。どうぞおでかけください。

 館員一同、心よりお待ちしています。

 

平成31年1月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫