ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「ぬかるみ」 30年11月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日更新

ぬかるみ

 

この裏まちの

ぬかるみに、

青いお空が

ありました。

 

とおく、とおく、

うつくしく、

澄んだお空が

ありました。

 

この裏まちの

ぬかるみは、

深いお空で

ありました。

 

    「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 「ぬかるみ」の中でみすゞさんは、”この裏まちの/ぬかるみに、/青いお空が/ありました。”とうたっています。だから、雨が止んで青空が広がると、つい水たまりを覗きたくなります。

 アスファルトの道なので、ぬかるみにはなりませんが、きらりと光ったりしているとうれしくなります。

 ”この裏まちの/ぬかるみは、/深いお空で/ありました。”

 ぬかるみはどろできたないと思っている私たちの常識を、みすゞさんは見事にひっくり返してくれます。そして、大事なことを気づかせてくれます。大切な存在は遠くにあるものではなくて、自分の目の前にちゃんと存在しているのだと。それを見つけるのは、誰でもない、あなた自身だとです。

 11月は青空の多い季節です。落ち葉も足もとで遊びます。みなさんにとって、よい11月でありますように。

 

平成30年11月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫