ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「みえない星」 30年6月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

みえない星

 

空のおくには何がある。

 

  空のおくには星がある。

 

星のおくには何がある。

 

  星のおくにも星がある。

  眼には見えない星がある。

 

みえない星はなんの星。

 

  お供の多い王様の、

  ひとりの好きなたましいと、

  みんなに見られた踊り子の、

  かくれていたいたましいと。

 

                               「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 記念館では今年も、つばめが子育てをしています。縁起の良いつばめといわれます。みなさんにもご利益がありますように。

 今月は「みえない星」です。

 ”星のおくにも星がある。/眼には見えない星がある。”とうたっていて、その星は”ひとりの好きなたましいと、/かくれていたいたましいと。”なのです。

 王様はたくさんの家来がいていいな、踊り子はみんなに見られていいなという、一方的な見方を完全にひっくり返してくれます。

 目に見えない部分にきちんと佇む、みすゞさんは本当にすごいと思います。

 人は誰でも「目に見える部分と目に見えない部分」を持っています。つい見える部分で人を判断してしまいがちですが、見えない部分の方が大切なことがいっぱいあります。

 自分のまわりにいる人の「目には見えない部分にきちんと向かい合う」ことを意識して、毎日を過ごしたいと思います。

 

 

平成30年6月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫