ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「私の髪の」 30年5月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

私の髪の

 

私の髪の光るのは、

いつも母さま、撫でるから。

 

私のお鼻が低いのは、

いつも私が鳴らすから。

 

私のエプロンの白いのは、

いつも母さま、洗うから。

 

 

私のお色が黒いのは、

私が煎豆たべるから。

 

                               「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 「私の髪の」を読むと、軽やかに生きることがみすゞさんは上手だなと思います。

 ”私のお鼻の低いのは、/いつも私が鳴らすから。””私のお色が黒いのは、/私が煎豆たべるから。”とうたっています。

 私たちは大抵、うれしいことは自分の力、うれしくないことは人のせいにしがちですが、みすゞさんは違います。

 うれしくないことでも、一度、ぽんと紙風船のように空に打ち上げて、見上げた青空のように広々としたこころで、落ちてきた紙風船を受け止めるから、楽しく、ゆかいに受け止めることができるのです。一回だめなら、二回も、三回も、紙風船にして打ち上げればいいのです。

 気持ちのいい五月です。もしうれしくないことがあったら、紙風船にして空に打ち上げましょう。うれしいことなら、もっともっと打ち上げて、うれしさを何倍にもしましょう。

 みすゞ晴れの青空が待っていますから。

 

平成30年5月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫